企画型注文住宅

基本性能

長期優良住宅とは、長期にわたり住まい続けることのできる住宅を建てることで、より豊かで優しい暮らしを実現するために、平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」にもとづき認定される住宅です。「プレステージホーム」は、耐震等級(倒壊防止・損傷防止)が最高ランク「3」の基準を満たし、長期優良住宅の認定基準を超える基本性能を備えています。
※第三者機関による住宅性能表示制度にもとづく検査、認証を取得いたします。

維持管理対策等級3

[維持管理]
長期の維持管理を考えたらメンテナンスへ配慮が重要です。だから「プレステージホーム」は外配管を採用しました。キッチンやトイレ、システムバスなど、目に見える部分だけでなく、配管や床下のメンテナンスもとても大切なことです。「プレステージホーム」は、トラブルの発見と修理、交換、そしてリフォームがしやすいように、設計段階から工夫しています。

劣化対策等級3

[劣化対策]
三世代(75~90年程度)もつ躯体構造基準を追求。だから長くお住まいいただけます。「プレステージホーム」は、土台、柱、梁、桁、筋交いなど木材を使用し、建物を組み立てています。伝統を受け継ぎながらも、部材の接合部にボルトやプレートといった補強金物を使用し、強度や耐震性能を高めているのが特徴です。